ホーム
臺南市中西區公所動畫
:::ホーム>宗教の旅

台湾祠典武廟,
台湾祠典武廟
【住所】台南市中西区永福路二段229号
【説明】
規模的に小さい新美街166号の開基武廟が「小関帝廟」を呼ばれているため、台湾祠典武廟は「大関帝廟」と呼ばれている。グルメ情報の「ミシェランガイド」にて三ツ星スポットとして紹介されている。
祠典武廟は主に武聖関公を祀っており、台湾において広く信仰されている神様である。聖哲烈士の一つとして崇拝されており、道教信仰の中で天界における中心的な神様として祀られている。商売、契り、武勇、魔よけの神である。それ以外に儒教、仏教、道教の三教の中で、儒教の文衡聖帝、仏教の護法伽藍、道教の協天上帝として信仰さている。

,
大天后宮
【住所】台南市中西区永福路二段227巷18号
【説明】
大天后宮は台南大媽祖廟とも呼ばれている。元々明寧靖王朱術桂の邸宅であり、寧靖王の別名「一元子」により、「一元子園亭」とも呼ばれている。グルメ旅行情報の「ミシェランガイド」に三ツ星景観スポットとして取り上げられている。

,
三官廟
【住所】台南市忠義路二段40号
三官大帝は主に天、地、水を掌握し、天官は福を与え、地官は罪を許し、水官は厄を取り除く。左側に祀ってある孫真人は病気を治し、右に祀られている財神趙公明は財をもたらす。また日月神は陰と陽の調和をもたらし、朱衣金甲は役人出世をもたらす。周公と桃花女は家庭円満、家庭生活を守る役目を果たしている。以上は台湾において一見の価値ある神明である。

,
五妃廟
【住所】台南市五妃街201号
【説明】
五妃廟は一枚の門構えで二つの龍をあしらった建築物であり、1977年に修復された。一枚の門構えの正殿内には五妃像が祭られ、後ろの壁には「寧靖王と自害した五妃の墓」という碑が飾られている。ツバメの尾っぽのような形の屋根を用いている。

,
北極殿
【住所】台南市中西区民権路二段89号
【説明】
北極殿は玄天帝を祀っており、北極大帝、北極佑聖真君、開天大帝、元武神とも呼ばれている。俗に上帝公、上帝爺或いは帝爺公とも呼ばれている。
北極殿は台南で最も高い土地「鷲嶺」に位置し、遠くまで町を眺めることができる。北側が黒に属するため、北極殿はすべて黒で統一され、廟の柱も黒色なのが大きな特色である。

,
太平境キリスト教会
【住所】台南市中西区公園路6号
【説明】
太平境キリスト教会は正確には「太平境マックスウェル記念教会」と呼ばれており、台湾で始めてのキリスト教長老会のひとつである。教会のあるところは「溝子底」と呼ばれており、台南当地では「溝子底教会」とも呼ばれている。現在の教会は1951年に再建され、教会内のパイプオルガンはその時に設置されたものである。1865年5月27日に英国長老教会より初めて宣教師が台湾に派遣され、その時の宣教師がマックスウェル医師である。当時の台湾府、すなわち現在の台南が英国長老教会台湾宣教の中心地をなった。

,
看西街教会
【住所】台南市中西区和平街33号
【説明】
1868年12月末、マックスウェルが再び台湾に戻り、亭子脚「旧楼」る。

,
台湾キリスト教長老教会
【住所】台南市北門路一段51巷18号
【説明】
教種:キリスト教
1980年代末期以来、台湾キリスト教長老教会は台湾社会秩序の崩壊、人心の腐敗をかえりみ、台湾人の心の建て直しの目標を掲げた。1999年第46回総会にて「21世紀台湾宣教運動」方針を掲げ、キリスト福音による台湾人の心の更生を期待し、2000年を迎えることになった。台湾キリスト教長老教会HPより抜粋


:::
Web制作:2019/12/4
場所:台南市中央および西オープン山1、電話:(06)2267151(代表代表番号)|
1024 x 768の推奨画面解像度